福袋ストア

最近の福袋人気はスゴいですね!毎年いろいろなお店からが福袋が出てきて、選ぶのが大変です。でも福袋を買うまでにいろいろ迷うのも楽しみの一つという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

このサイトでは、福袋の選び方から人気の福袋まで、福袋に関するさまざまな情報をご紹介しています。どうぞご参考にしてください♪

福袋は毎年買っているという方も多いと思いますが、最近は福袋の種類が増え、買い方も選び方も本当に様変わりしてきていますよね。まずは福袋を上手に選んで買うコツをご案内致します。

【人気の福袋を上手に買うポイント】

選び方のコツ①:よく知っているブランドで買う

よく知っているブランドや買ったことのあるブランドであれば、そのブランドの特長や品質をわかっているので、より失敗の可能性は少ないでしょう。少しぐらいデザインが好みでなくても、かえって新しいバリエーションを増やすきっかけになることもあります。

また、子供の服の場合は、ミキハウスやスポーツブランドのものを選べば、全然似合わないといったリスクは避けられ、また品質も良いのでおススメです。

選び方のコツ②:中身が見える福袋を選ぶ

どうしても失敗したくない場合は、中身が見える福袋を選ぶ手もあります。カジュアル系などジャンル別に分けて数種類から選べるような福袋もあります。

ネットで予約販売される福袋は、予約を開始する少し前から画像がアップされるものもあります。手持ちの服とのコーディネートや、どうしても欲しい商品が入っているかなど、事前にチェックができます。

選び方のコツ③:予約開始日・時間をチェック

ネット上で予約を受け付ける福袋の中は、通常12月初から、中には人気のミキハウスのように11月から予約が始まるブランドがあります。なんだか、人気コンサートの予約みたいですが、サイズによってはすぐに売り切れてしまうので、発売日・時間は要チェックして出遅れないようにしましょう。

ミキハウスなどの人気の子供服ブランドにおいては、人気サイズは予約開始後すぐに完売が続出します。予約画面に接続できないことさえあります。そんな場合には、ショップに出向いて窓口で予約するのが一番確実ですね。

選び方のコツ④:販売額に気をつける

福袋に入れられる商品には、福袋専用に開発された商品も多いので、それなりの商品が入っている場合もあります。ベルトなどの小物アイテムが、実は高額だった、なんていう場合もあります。

一つの目安として、福袋にコートが入っている場合ですが、そのコートの通常価格がそのブランドのコートの平均価格より安い又は同等の金額の場合は間違いなくお得です。

選び方のコツ⑤:商品券が入っていればお得です!

ホームセンターやドラックストアなど生活用品を取り扱う店の福袋によくあるのですが、自社の商品券が入っている福袋です。やはり自分で選んで買えますし、よく利用するお店の商品券なら無駄にもならないでしょう。

番外編:失敗しない福袋の選び方

福袋で失敗したくないなあ...去年失敗したから今年こそは...そう考えている人も多いでしょう。福袋は、数千円のものから数万円のものまで様々なものがあります。そこそこいい金額を払うのですから、避けられるリスクは避けましょう。売れ残り商品ばかりが入ったものなんかは避けたいですよね。

番外編として、そんなあなたに教えたい福袋選びのポイントをご紹介します。

番外編①:同じお店の同じ場所で買わない

同じお店で買った福袋には、同じような商品が入っている事が多いです。お店側としては、当然ながら、この機会にに売れ残り品も合わせ技で売り切ってしまおう(もちろん、利益が出ない水準でも在庫を一掃しようとするので、気に入るかは別問題としてそこそこお得)と考えているのでよく売れている人気商品だけを入れることもありません。在庫処分しておきたい商品を入れるのは、ほとんどのお店で見られる傾向です。

モチロン売れ残る商品も一緒。ならば、入っている物がほとんど一緒!という可能性が非常に高いです。いくら期待できるとしても、同じお店で購入するのは危険ですね。
※金額が違う物でも、一部同じラインナップの物が入っている事もよくあります。

番外編②:ブランドだけに惑わされない

いくら好きなブランドの福袋でも、実際に中身を確認したら、売れている気配がとてもなさそうな商品だった...というのも良くある事です。あなたが好きなブランド物でも、ハズレはないとはいえません。ひどい場合には、他店での売れ残りをまわしてくることだってありえます。

番外編③:気に入らなかった物や、使わない物はオークションで売る

当然ながら、自分で選んでいないため、福袋の中身全てがあなたに合うとは限りません。どんな当たりでも、1つ2つは何じゃこりゃ!?というハズレが大体入っているものです。

使わない物は写真を撮って袋につめて、ネットオークションで売ってしまいましょう。私の知人は5,000円の福袋を買ってきて、使う物2点だけ抜いて5,000円でネットオークションに流していました...
どうしてもネットオークションに抵抗がある人は、知人同志で集まって交換してみるのも手ですね。


以上、福袋にまつわる情報をご紹介してきましたが、最近では気に入った福袋を購入するのも大変です。お正月に店頭で売っているものは、はじめからほとんど売れ残りサイズのみということも多いので、事前の情報収集が重要です。自分なりのルールを決めて購入すれば良い買い物ができると思います。このサイトの情報が、あなたの福袋選びの参考になれば幸いです。